お問い合わせ

全身脱毛サロン口コミ比較・ランキングサイト!

全身脱毛@パリスタイル
  1. HOME
  2. 用語集

用語集

用語集

  • 産毛(うぶげ)

    産後、生まれたばかりの赤ちゃんに生えている毛。
    脱毛用語としては一般的に顔、首筋に生えるやわらかい毛をさす。
    肌に付着した汚れや紫外線から守るなどメンテナンス機能をもち、自然と生え変わる。
    男性からの視線に近いこともあり気にする女性も多く2011年あたりから急激に検索トレンドが伸びている。

  • 永久脱毛(えいきゅうだつもう)

    医療用語。毛根を医療用レーザー脱毛で処理することによって永久的に毛が生えなくなることをさす。薬事法によりエステサロンでは「永久脱毛」と表記はできないため、正式にはクリニックのみで使われる表現。回数にもよるが20~30万円以上と高額な費用がかかるためトレンドとしてはここ10年ほど横ばいになっている。

  • 顔脱毛(かおだつもう)

    言葉の通り、顔の脱毛をすること。人目に触れやすいことからワキに次いで人気の部位となっている。注意点としては「目の周り」や「鼻」などのTゾーンは皮膚が他の部位よりも薄くなっているため施術はできない。

  • 全身脱毛(ぜんしんだつもう)

    ワキ脱毛などの部位脱毛に対して、全身をくまなく脱毛するのが「全身脱毛」
    サロンによって22~48部位対応など差異があるが実際どこまで対応できるかは確認が必要。
    部位をつどつど契約していくよりも全身まとめて契約する方が費用が安くすむため最近人気となっている。ただし複数回通う必要があるため粘り強い根気も大切になる。
    2007年頃から少しずつ出始め、ここ3年で各サロンとも一気に人気のメニューとなった。

  • ハイジニーナ脱毛(はいじにーなだつもう)

    VIOラインがセットになっている脱毛をさす。アンダーヘアが全くない状態となり2008年頃から日本でも出始め、年々じわじわと人気が高まってきている。

  • 光脱毛(ひかりだつもう)

    フラッシュ脱毛やIPL(intense pulsed light)脱毛とも呼ばれる。
    照射力が弱いため、安全性が高い脱毛方法。部位によって差異はあるが痛みもほとんどない。一方照射力の弱さから一定の期間毎に継続して施術をする必要がある。

  • VIO脱毛(ぶいあいおーだつもう)

    デリケートな部位として脱毛するならVIOを抑える女性が増えている。
    特に夏場前である2月~6月にかけて脱毛サロンに通う光景も定番になっている。
    普段見えない箇所だからこそ美意識の象徴に。

全身脱毛@パリスタイルは、各社様の告知を広告として掲載しています。
各サービスのご利用にあたっては、ユーザー様ご自身の判断により行って頂きますようお願い致します。

このサイトについて

コラム

コラムをもっと見る

サロンランキング(9月)

エリアから探す

部位から探す